受験生になる前の夏休みの過ごし方。(慶應義塾大学法学部) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2021年 7月 1日 受験生になる前の夏休みの過ごし方。(慶應義塾大学法学部)

こんにちは!暑くなってきましたね!季節の変わり目なので、コロナは勿論、普通の風邪も引かないようにできる限りの体調管理は行いましょう!

さて、今回のブログのテーマはもうすぐ夏休みに入る高校2年生向けたものになります。

高校2年生の皆さんは夏休みは何をする予定ですか?

正直まだ全然遊んでもいいと思います。(ご時世的に厳しいかもしれませんが、、)

ただ勉強は必ず夏休みを終えた後に頑張ったと実感できるくらいやり切ってほしいです。

なぜ、この高校2年生夏休みが重要なのかというと、多くの高2生は受験勉強を始めていないからです

高3になったらみんなが勉強します。それこそ東進生の高3生の先輩は夏休みは1日15時間やるように指導されています。

このような状況で、やはりほかの受験生と大きく差をつけるのは今だと思います。逆転合格という言葉がありますが、みなさんにはぜひ順当合格を勝ち取ってもらいたいです

では具体的にやることは、何か。それは基礎です。基礎のことを軽視している人が多いですが、もう一度見直してください。高マス4冠していない人は夏休み中に必ず4冠し、上級英単語などにも手を出してください。高マス4冠している生徒は上級英単語をマスターしたり、長文にも入っていいと思います。高マスを取得していない生徒も、単語帳などをフル活用してください。

受験勉強の基礎を盤石なものにして、部活や遊びと両立して、最高の夏休みを過ごしましょう!