基礎の徹底(東海大学 理学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 2月 26日 基礎の徹底(東海大学 理学部)

みなさんおはようございます。こんにちは。こんばんは。

今回ブログを担当させていただく中林です。

2月も終盤に差し掛かかっていますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

私はもう2月が終わるのかと少し焦っています。

まだ私の心は正月に置き忘れたままです……

さて今回は「基礎の徹底」ということで基礎の重要性について述べていこうと思います。

まずそもそも基礎がなぜ大切なのか?

という問題ですが、勉強で例えるよりサッカーで例えたほうが書きやすいのでまずはサッカーで考えたいと思います。

サッカーがうまくなりたければ何をすればいいと思いますか?

私が考えるにそれは「止めて蹴る」の質を上げることです。

要はトラップとパスですね。

どんなに強いパスが来ても足元にピタッとボールを止める技術、味方に正確にパスを届けることのできる技術があればボールを自分が思うように持つことができ、相手から取られることもありません。

もちろんドリブルも重要ですが…

ただこの2つの基本的な技術がものすごく重要でイニエスタ選手のような世界的に有名な選手はずば抜けてうまいわけです。

とにかく何が言いたいのかというと

世界的に活躍している選手は基本的な技術がとてつもなくうまいということです。

これは勉強にも通じる話です。

この2年担任助手としていろいろな生徒と関わらせていただきましたが、

模試の成績や受験結果が良い人に共通していることは

基礎がしっかりしているということです。

英語で言うのであれば単語、熟語、文法です。

数学であれば、公式、定義、定理を正しく覚えているかなどです。

今成績が伸び悩んでいる、勉強で躓いている部分がある生徒は

もう一度基礎の徹底をしてみて下さい。

特に新高校3年生はこれから先、赤本やセンター試験などの演習に時間を割いていくこととなります。(少し先ですかね…)

今しか基本と見つめなおす時間はありません。

サッカーもそうでしたが勉強も基礎が大事!

何事も基礎が大事ということですね!

もう一度今の自分と向き合ってここからまた勉強のギアを上げていきましょう!

最期まで読んでいただきありがとうございました。