夏休みという貴重な時間!(法政大学 社会学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2018年 6月 19日 夏休みという貴重な時間!(法政大学 社会学部)

大学二年の今井です!

最近やっと,もう2年生になったのかと実感することが多くなり、おじさん気分です笑

さて今回は夏休みについてです!!

受験生の皆さんは夏休みの大切さを知っていますか??

夏休みといえば旅行に行ったり,スイカを食べたり,海に行ったり.楽しいものの代名詞ですが,今年は違いますよ!!

遊びたい気持ちをぐっと耐えて,自分の未来のためにささげる1か月になります.

ここで断言しますが,夏休みの過ごし方が受験の最終的な結果を決めるといっても過言ではありません.本当に.

というのも,夏休みの間は一日中勉強に時間を回すことができます!

それが1か月以上も続くんです!

ちょっと驚きかもしれませんが,

夏休みの間にできる勉強量のほうが夏休みが明けてから受験本番までの勉強量よりも多いのです!!

これは体感してみないとわからないかもしれないですね.

それだけじゃなくて少し具体的な話をします.

みなさんはもうすでに二次試験や私大入試の過去問をもう解くことができますか?

おそらくまだまだという人がほとんどだと思います.

でも夏休みが終わった時には二次試験や私大入試の問題がある程度解けるようになっていなくてはいけません.

というのも夏休み中には全教科の全範囲を終了し習得しておく必要があり,夏休み明けからは本格的に入試対策としてバンバン問題を解かなければいけないからです!

第一志望校10年分ですよ!

センター試験も同様です!

となると,8月のセンター試験本番レベル模試で本番と同等の点数を取ることを目標にしなければなりません

普通に夏休み勉強していてはとても達成できることではありません.

長い夏休みの毎日をどれだけ本気で勉強と向き合い続けることができるかが本当に重要です.

みなさんが本気にやり切る夏にできることを信じています.

本気で頑張りましょう.

自分の未来,夢のために!!

以上長くなりましたが,それだけ夏が大事かわかってもらえれば幸いです!

日々を大切に頑張っていきましょう!!