夏休みの過ごし方①(慶応義塾大学法学部) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2021年 7月 26日 夏休みの過ごし方①(慶応義塾大学法学部)

皆さんこんにちは!一年の矢野です。

皆さん期末試験も終わって、夏休みが始まるor始まった人も多いと思います。「夏休みは受験の天王山」という言葉は聞き飽きたと思いますが、夏休みは本当に大事な期間ですよね。とはいっても、夏休みは結構あっという間に終わってしまいます。9月になってから後悔しないように、しっかりと予定を立てて夏休みに臨みましょう!

ということで、導入が長くなってしまいましたが、今回は私の夏休みの過ごし方についてお話ししようと思います。

夏休みは一日〇時間勉強しよう!と決めている人も多いと思いますが、私の場合、時間的なノルマは決めずに勉強していました。時間を決める代わりに、その日のやることリストを毎日作って、それを全部クリアすることをノルマにするという方法でやっていました。時間は長いけれど実際は中身がないということにならないというのがこのやり方のメリットだと思います。また、やることをこなすのに10時間以上は自然とかかってしまうので、勉強時間が極端に少なくなるということもありませんでした。

量はもちろん結果に直結するのでできるだけこなしてほしいですが、量にこだわりすぎて身につかないということがないようにバランスを考えて計画を立ててみてください!今回の話が少しでも参考になれば嬉しいです!ほかにも休み中に意識していたことがあるので、また次の機会にお話ししようと思います!