大学の意義 (東京工業大学理学院) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 9月 18日 大学の意義 (東京工業大学理学院)

おっすおっす播田實です<( ‘ω^ ) 

 

最近は日が短くなってきて暑さもマシになり夏が終わってしまったなぁと感じてます皆さんの夏はいかがでしたか?今までの夏とは違う部分が大きかったと思いますしある意味特別な夏だったと思いますそこで今回はそんな特別な夏を過ごした皆さんに大学生活がもっと楽しみになるようなお話(諸説)をしたいと思います!

 

皆さんは大学にどのようなイメージを持っていますか?世間には大学生活は人生の夏休みだなどと言っている存在もいますがこれは半分本当で半分ウソです(人によるかもしれませんが). 

確かに大学は人生の夏休みですパラダイスですというのも大学の学部の46年間は好きなことを好きなだけ勉強できる期間です(サイコー!!). これは確かに人生の夏休みですよね!中学高校に比べ履修に自由度があり社会人に比べたら大いに時間がありますまぁこういった点や後ほど述べる理由(主にこっち)で人生の夏休みと言われてしまうわけですが… . 

その理由は多くの”大学生”(ぼくはあまりこのような大学生を大学生とは呼びたくないのですが)は真面目に勉強せずなんとなくテキトーに勉強して大学生活の99%くらいをサークルやバイトに費やしてしまうためですもちろんそういった大学生活もあるでしょうしかし大学とは学問を学ぶところですあくまでも本業は勉強であることを忘れてはいけないと思います自分が大学で専門的に学んだことを他人に話せるほど理解していない学んでいないという大学生になってはいけませんよ… . これは余談ですがそのようにサークルやバイトでの経験しか就活に使えない(これもぼくはあまり気に入らないのですが)ような社会も大学の存在意義を理解していないように感じます

 

では半分ウソとはどういうことかここからお話ししていきます

半分ウソというのは学部学科によるのですが特に理系は実験・実習があると「夏休みってなんですか???」となってしまうくらい忙しくなってしまいますぼくの大学では今年は文字通りの夏休みになるまで大学に行けず実験を夏休みに行うという学科もありました人生どころか目の前の夏休みさえほとんどありませんこのような現状には目もくれずに大学生活は人生の夏休みだなどと言ってしまうのは早計ですよねまぁ理系人口より文系人口の方が圧倒的に多い(気がする)のでバイアスがかかってしまうのも仕方ない気はしなくもないですが… .

 

 

もう一度言いますが大学はパラダイスです好きなことを好きなだけ学べますし似た興味を持つ仲間に出会えます今皆さんが学びたいと思っていることはもちろん「あれ自分はこんな分野にも興味あったんだ!」となるような分野にも出会えますこれは無限回言いたいのですが大学は最高ですこんな環境があるのは大学だけです是非皆さんも大学生になって, “良い意味で人生の夏休みを謳歌しましょう!

 

以上読んでくださりありがとうございました\(^o^)