惑星と生きていく (東京工業大学理学院) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2021年 5月 4日 惑星と生きていく (東京工業大学理学院)

おっすおっす播田實です<( ‘ω^ )

 

今回は僕が大学で学んでいることについて軽くお話しして行こうと思います!

 

僕は地球惑星科学を専門に勉強していますと言っても多分何をやっているのかピンとこない人がほとんどだと思うのですごくざっくり説明すると地球のこと(鉱物とか火山とか地震とか)惑星のこと(惑星がどのようにしてできたのかとか)を主に勉強しています特に僕が興味を持っているのは惑星科学の方で惑星がどのようにしてつくられたのかということについての理論(惑星形成論と言います)を研究したいと思っていますそもそも惑星は原始惑星系円盤という恒星が生まれた時に一緒にできる円盤の中でつくられこの円盤の寿命は100万年から1000万年と言われており惑星はもともと数ミクロン(1ミリの1000分の1の大きさ)の塵からつくられるのですが大きさでいうと1012(1兆倍)というスケールで質量でいうと40(!!!)分程度成長しなければならず現在の理論では惑星が原始惑星系円盤の寿命が尽きる前につくられることを説明し切れないのですさらに太陽系外の惑星系と太陽系が大きく異なるので一般の惑星系の形成を説明できる理論はまだ完成していませんこのようにまだ未完成の理論の完成に寄与したいと思い僕はこの分野を勉強しています

 

もし興味がある人がいたら僕に聞きにきてくれると嬉しいです!僕と一緒に惑星をつくりましょう( ^ω^ )

 

以上読んでくださりありがとうございました\(^o^)