春休みの過ごし方(横浜国立大学) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2019年 3月 15日 春休みの過ごし方(横浜国立大学)

こんにちは!2年担任助手の中島です!

今日はこれから来る春休みの重要性について書こうと思います。

新受験生にとってはここでどれだけ受験生としての覚悟を決められるか。

新0,1,2年にとってはここで高速基礎マスター,受講の習慣をつけられるかがとても重要です。

新受験生はとりあえず基礎である高速基礎マスターの4冠は必ず達成しましょう。

今年の受験生を見ていて思ったのですがやはり基礎を早めに終わらせられている生徒とだらだらと4冠した生徒

また,4冠しない生徒とでは,

センターの点数の伸びが全然違うし,

合格結果も全然違います。

それは受講に関しても同じで,

受講も終わらせるのが遅い生徒はどんどん計画がずれていき,

演習量が少なくなり,

学力が伸びるものも,

伸びなくなります。

だから絶対に受験生はこの春休み必ず4冠と受講は終わらせましょう。

来年の受験は今年の受験よりも厳しくなります。

必ず今年の受験生を上回ってください。

新0,1,2年生はセンターが変わります。

HRでも何回も言われるいるかもしれませんが,

英語を早く完成させるのは大切だし,

高3の3月には受講はすべて終わり,

4月からセンターの過去問演習に入ります。

それを見越してこの春休みは勉強習慣をつけましょう!

この時期から受験生としての自覚を持つのは難しいかもしれません。

受験生になってから急にやろうと思っても受験生になってからやるのは当たり前です。

この低学年の時にどれだけ基礎をやっているかがとても重要です。

それは僕も受験生になってから痛感しました。

だから,

みなさんには同じ思い,同じミスを繰り返して欲しくないです。

なかなか,スイッチが入らない生徒はまずは毎日登校から。

一日一気にやるというよりも毎日少しずつというのを心がけましょう。

最高の春休みを!