朝型の生活をしよう(早稲田大学政治経済学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 8月 21日 朝型の生活をしよう(早稲田大学政治経済学部)

こんにちは。

今回のブログを担当する樗木と申します。

よろしくお願い致します。

 

今回のブログのテーマは「朝型の生活をしよう」ということで、皆さん規則正しい生活を送れていますか?

 

私は大学に入学して以降、体力が有り余っているのか中々寝つきが悪くなってしまい、よく夜更かししてしまいます。直さないといけませんね。

 

今年はコロナウイルスの影響で学校も不規則なカリキュラムになった方が多いと思います。

これまで学校に通うために朝早く起きて、生活リズムを整えていたと思うので、最近は早寝早起きの習慣が抜けてしまった人も多いのでは無いでしょうか。

 

特に8月に入って夏休みが始まると、もっと不規則で乱れた生活を送る方も増えてくることが懸念されます。

 

夜更かし大歓迎派の中には、もしかしたら活動する時間帯が違うだけで、早起きしようがしまいが活動時間は同じだという考えが蔓延しているかも知れません。

 

私はその考えを改めて頂きたいです。

 

確かに活動時間は同じかもしれません。受験生はその活動時間の大半を勉強に割いていると思います。

ここで、何故勉強しているのかを思い出して頂きたいです。

入試本番でしっかり結果を出して、志望校に合格することが勉強の目的のひとつだと思います。

そして、それを実現するために、遊びを我慢して勉強したり、模試を受験したりしているのでは無いでしょうか。

 

皆さんが受験する模試や入試はどの時間帯に実施されますか。

朝から夕方にかけて実施されることが多いイメージがありますよね。

 

人によって起きてからどれぐらいで集中出来る状態になるかは異なるとは思います。

 

ただ、せっかく沢山勉強して頑張ったのにも関わらず、模試や入試本番では寝ぼけて力が出せないというのはあまりにも悔しく、残念ではないでしょうか。

 

入試本番は緊張で目が冴えるから大丈夫だと思いますか。

逆に緊張しすぎて力が出せないかもしれません。

 

入試本番は何が起こるか分かりません。

だからこそ、何かが起こった際にはその対応に集中できるように、常にベストな状態で勉強に取り組むことを心がけましょう!

 

普段の規則正しい生活が、模試や入試本番で力を出し切るために重要な役割を担っていることを忘れないようにしてください!

 

今回のブログは以上になります。

読んでいただき、ありがとうございました。