本番までの心構え(明治大学 情報コミュニケーション学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2019年 10月 21日 本番までの心構え(明治大学 情報コミュニケーション学部)

こんにちは!
今日担当する三ツ橋です。

すっかり秋というか冬のようになってきて寒くなりましたね〜
この時期は特にインフルエンザなど、気をつけて体調管理はしっかりとしましょう!

さて、センターまで残り100日をきり、3ヶ月後にはセンター本番!という所まで迫ってきましたね。
ここからというのは本当に早いです。あっという間です。

そこで今日は、センターまでの残りの時間を、どう過ごしていくか、について話したいと思います。

まず、これからはとにかく過去問やら演習やらでアウトプットが多くなります。
応用のような難易度の高い問題も増えるでしょう。

でも、そんな時だからこそ忘れて欲しくないのが、「基礎基本」です。

高マスなんかもうやらなくても大丈夫、基礎はもう役に立たない。そんな風に考えてる人はいませんか?
基礎基本をバカにする人は、基礎基本に泣きます。

センターの英語の大問2は英文法という基礎基本ですが、満点をとれますか?言えない高マスの単語は1つもないですか?
本番ではももすごく簡単な単語でも、ふっと抜けてしまったりするものです。

応用問題が増えても、何度も何度も基礎基本に立ち返るようにしてください。

そして…なんと言っても1番みんなに意識して欲しいこと、それは、
「毎日全力で過ごす」こと!!!

これは去年の受験生にもずっと言っていたことですが、受験において結果は大切です。拘って下さい。でも、それと同じぐらい、後悔しない受験をすることも大切だと思います。

全力でやった先には何かしら結果がついてくると私は考えています。
皆さん、毎日寝る前に全力でやり切った!と言える日々を積み重ねていってください!