模試に向けて!(東京農工大学農学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 8月 22日 模試に向けて!(東京農工大学農学部)

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

東京農工大学農学部地域生態システム学科1年の佐藤勇輔です。

いよいよ明日が仮想本番と言われている8月共通テスト模試ですね。今回は8月模試での意義をお伝えしたいと思います。

①本番の目標点を達成!

受験生の方は夏休み中に共通テスト10年分を演習しようと取り組んでいると思います。共通テストの傾向などがなんとなくよくわかったと思います。共通テストは基礎力を問うものなのでこの時期に完成しているとベストです。ここで完成しているか否かは今後の勉強に大きく影響します!基礎力があれば二次・私大レベルの応用力はすぐに身に付きます。また目標点を達成しようと思えば自然と本番のような緊張感で臨むことができます!

②自分のできていない分野の確認

①でも述べましたが共通テストは基礎です!夏休みは総合的に勉強したと思いますが、改めてここができていない・根本的に理解できていなかったなど洗い出すことができる良い機会です。そして次に何の分野を勉強するべきか明確になります!

 

ベストを尽くせるように頑張りましょう!