模試を有効活用しよう!(東京農工大学農学部) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 7月 26日 模試を有効活用しよう!(東京農工大学農学部)

おはようございます!こんにちは!こんばんは!おやすみなさい!東京農工大学農学部地域生態システム学科3年の佐藤勇輔です。

いよいよ夏休みという感じですね!重要な夏休みの前に、、、

模試について改めて考えてみましょう!

 

模試は何のために受けていますか? 自分の実力を測るためですか??

 

模試を受けて大事なのは自分をレベルアップさせることです!

 

自分をレベルアップさせるにはPDCAサイクルを活用しましょう!Pのプランでは、その模試の目標を決めます。点数だったり、科目ごとのテーマだったりとなんでもいいです。復習がしやすいようなものにしてください。Dのドゥではテストを受けます。テーマを意識しながら受験してください!Cのチェックでは自己採点や帳票を見ながら自分の成績を確認します。その際に目標点数や自分のテーマができているかどうかの確認をしっかりと行ってください!Aのアクションではなぜできなかったのかをしっかり考え、次の模試ではできるようにどうするのか対策を練りましょう!具体的に何をいつまでにどのくらいするのか決めて下さい!これが自分をレベルアップさせるうえで非常に重要です。

 

全統が終わってから1カ月以上経ちました。面談で話した内容は覚えていますか??対策はしっかり取れていますか?このように模試を有効活用するだけで、成績の伸び方は大きく異なります。8月の共通テスト模試をひとつの目標として、この夏頑張りましょう!!