模試前のルーティーン(法政大学デザイン工学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 6月 1日 模試前のルーティーン(法政大学デザイン工学部)

こんにちは!太田智大です! 今日は模試前のルーティーンについて話していきます。 模試前に行ってほしいこととして2つあります。 1つ目は、目標の設定です。 僕が実際に行っていたもので、もっと早い時期からやっておけば良かったなと後悔していることでもあります。 これはただ漠然と点数を設定するのではなく、大問ごとにどのくらいの点数を取るのか、1つ1つの大問にどのくらいの時間をかけるのか、というのを細かく決めていきます。 ここで僕が注意していたことは、身の丈にあった点数、時間を設定することです。これによって、自分が思っている自分の能力との差を測ることができます。 この力がつくことによって、試験中に焦ることが格段に減ります。 2つ目は、暗記物の徹底です。 僕は理系だったので、暗記物としては英語の文法と化学の無機化学がありました。これらを音読で暗記をしていたので必ず一周をすることを心がけていました。 また、模試で解けなかった部分を音読をしていたものに書き込むことで知識量を増やしていきました。 これらは、ころころ変えるのではなく自分にあったものを継続してください!