法学部ってなにをするの?(慶應義塾大学法学部) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2021年 7月 7日 法学部ってなにをするの?(慶應義塾大学法学部)

こんにちは!2年の花田です!こいつ登場頻度高くね?と思われた方すみません!

今回は法学部は何を勉強しているのかについてざっくりと説明しようと思います!

それは、ずばり、、、、、、「法律」です。当たり前ですよね笑

ではその「法律」をどのように勉強しているのでしょうか。

よく、「弁護士になるためには六法全部暗記しないといけないんでしょ?」と聞かれます。

たしかに、ある程度の条文などは覚えることがありますが、メインで学習するのは法律の「趣旨」「要件」などを理解し、それをもとにした「学説」を学習し、個々の事案に当てはめるということをします。

例えば、憲法14条1項には以下の条文があります。「すべて国民は、法の下に平等にあって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別っされない。」 これは所謂「法の下の平等」を規定するものです。ですがこの「法の下に」とは、いかなる意味でしょうか。これには学説と呼ばれる解釈の仕方がいくつかありますが、今回は飛ばします。気になる人は花田に直接聞いてください笑。

このような勉強を主に法学部ではやります!法学は絶対的な正解というものはなく、非常に奥が深く、面白い学問だと思います!

ぜひ学部選びで迷っている方がいれば、法学部を検討してみてください!