演習を進めましょう!!(東京農工大学農学部) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2021年 5月 18日 演習を進めましょう!!(東京農工大学農学部)

おはようございます!こんにちは!こんばんは!おやすみなさい!

東京農工大学農学部地域生態システム学科2年の佐藤勇輔です。

高3生は3月末までに受講修了とマスター4冠が目標でしたね。もう3月からだいぶ時間が経ちましたが、いかがでしょうか?もう達成できた方が多いはずです!ここからはじゃんじゃんと演習を始めていきましょう!演習がなぜそこまで重要なのか、2つのポイントでお話しようと思います。

 

①インプットとアウトプットは違うから

みなさんも感じているとは思います。覚えているはずなのにできない。数学では解答のやり方は理解できるけど、いざ自分の力で解こうとすると意外と解けないですよね。それはインプットとアウトプットの力は異なるからです。化学の有機の分野などは暗記が完ぺきだとしても、構造決定の問題は解けないことが多いです。たくさん演習をすれば、だんだんできるようになります。しかし暗記が曖昧で演習を多く行っても効果は半減です。講座の2周目も同時並行で進めましょう!

 

②早め早めの演習の方が合格率が高いから

当たり前ですが、みなさんが一生懸命勉強しているのは合格するためですよね。合格をするためには早め早めに行動することが大事です!この時期と夏休みにかけて共通テスト・第一志望の過去問10年分を解いてもらいます。今のうちから解いておくことに損はありません。共通テスト過去問演習を4月からスタートしている方もいます。基礎をしっかり固めて過去問にも取り組んでいきましょう!

 

いかがでしたか?これで少しでも演習の大切さがわかっていただけたら幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。