理学部へようこそ (東京工業大学理学院) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2021年 3月 19日 理学部へようこそ (東京工業大学理学院)

おっすおっす、播田實です<( ‘ω^ )

 

今回は、僕の学部、理学部について簡単に解説しようと思います!

 

まず、理学部にはどんな学科があるのか紹介します。ほとんどの大学の理学部には数学科、物理学科、化学科、生物学科があり、ところどころない大学もありますが地球惑星科学科(雑に言うと地学科)もあったり、応用数学科なども理学部に含まれたりします。他にもさまざまな学科があります。天文学科は現在東京大学、東北大学にしかないレア学科ですね(ω)

 

ではこれらの学科では何を学べて、将来的にどうなれるのでしょうか。学ぶことについては、理学部は比較的学ぶことがイメージしやすいと思うので、細かい説明はいらないと思いますが、工学部の似たような学科との違いを少しお話しします。例えば応用数学科で学ぶ内容は、数学科とあまり変わりません(扱う内容の深さや重さは違いますが)。応用数学科の方が最近流行りのデータサイエンスへの応用を意識したカリキュラムになっていることが多いそうです。

進路については、多くの学生が大学院へ進学します。そのうちほとんどの学生が修士まで修了して社会に出ていきますが、一部博士課程に進学して研究職を目指す学生もいます。就職について、みなさんが聞いたことがないことを祈りたいですが、理学部は就職無理学部などと揶揄されることがあります。これはデタラメです。何にでもなれます(もちろん特別な資格が必要なものはムリですが)。銀行やメーカーなど、選択肢は非常に多いです。大学で学んだことが活かせないのでは?と思うかもしれませんが、理学を通じて得た考え方や科学的な視点はどのような分野であっても有用です。理学部は役に立たないという風潮、学問を軽視する風潮(もちろんこういった風潮は好ましくないです)に流されることなく、大学で学ぶということがどういうことなのか考えても進路を考えてみてください。

 

 

以上、読んでくださりありがとうございました\(^o^)