直前期だからこそ大切なこと(早稲田大学) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2018年 12月 11日 直前期だからこそ大切なこと(早稲田大学)

こんにちは、3年田中です!

いよいよ12月になり、入試本番が近付き校舎の雰囲気も緊張感が増してきましたね。
毎日ストイックに勉強している受験生の皆さんが、本番でより力を発揮するために大切なことをお伝えしたいと思います。

今まで皆さんがやってきたことは、
「学力を伸ばす」勉強だったと思います。
もちろん直前までこの勉強は必要です。

でも同じくらいこれから大切なのは、
「伸ばしてきた学力を維持する」勉強です。

新しい・難しいものに手を出すよりも、
勉強してきた内容で忘れているところは無いか?基礎に抜けはないか?を確認することで、
自信もつきますし、受験で確実に得点すべき問題を
得点することができます。

また、大事なのは当日の精神面を整えることです。
このために必要なことの一つが、
イメージトレーニングだと思います。
当日の朝の気持ちは?
もし電車が遅延していたら?
最初の科目で手応えが無かったら?
問題傾向が変わったら?
それまでの受験で思うような結果が出ていなかったら?
ここには悪い事態を想定して書きました。
受験には皆さんが思っている以上の
ハプニングが発生しますし、全てが上手くいく方が少ないです。
だからこそ、最悪の事態を想定しておくことで
何か起きても余裕を持って対応し、
今までの成果をしっかり発揮できると思います。

泣いても笑っても受験当日はやってきます。
しっかり体調管理して当日を迎えましょう!