睡眠との向き合い方 (横浜国立大学教育学部) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 6月 16日 睡眠との向き合い方 (横浜国立大学教育学部)

こんにちは、大学1年生の安田一稀です。はじめまして。

僕は大学からバレーボールを始めて、サークルには2つ入ってに頑張っています。経験者の方がいたらマジで教えて下さい。

 

突然ですが皆さん勉強している時ついつい寝てしまうことは無いですか!!!

僕は現役時代よく授業中や受講中に寝ていて起こされていました (◞‸◟)

そんな中で見つけ出した眠らず集中する方法を今回は紹介しようと思います。

 

①夜の睡眠の質を上げる

まずは睡眠の質を上げましょう。寝る前のスマホなどのブルーライトの摂取を極力避け、寝る時間は7時間ほど確保するようにしましょう!

②リフレッシュする

受講中など勉強中に疲れてきたらリフレッシュしましょう。オススメは散歩、目薬、爆音で音楽を聴く、大きく伸びをすることです。どれか実際にやってみてください!!

③諦めて寝る

寝ないでうとうとしながらやるよりは仮眠を取ってしっかり回復しましょう。15分~30分程度寝た後に集中して勉強に取り組みましょう!

 

色々言いましたが日々勉強する中で自分自身の睡眠の向き合い方を見つけましょう!!

ここまで読んでくださってありがとうございました!