結果に拘れ!(東海大学 理学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 5月 7日 結果に拘れ!(東海大学 理学部)

みなさんおはようございます。こんにちは。こんばんは。

今回ブログを担当させていただく中林です。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、校舎が休館となってしまっていますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

私は、5月10日限りで担任助手としての仕事を辞めることになったのでこのまま休館が続いてしまうと自分の担当生に会えなくなってしまうのが寂しい気持ちとこんな形で東進を辞めるのが残念な気持ちもあるのでとても複雑な心境です...

さて、今回は私の最後のブログということで書いていこうと思いま~す。

気軽に読んでいただけると幸いです。

 

私は高校2年の11月ごろ東進に入学し、担任助手としても2年間お世話になりました。

ここでの生活は生徒、担任助手、校舎長などなどいろんな人に恵まれた生活でした。本当にありがとうございました。

 

私から生徒の皆さんに伝えたいことは1つ

「正しい努力をしてください」

受講たくさんしてます!

高速基礎マスターめっちゃやってます!

校舎に毎日行ってます!

良いと思います。でも考えて下さい。

それで第一志望校に合格できますか?模試の点数伸びてますか?

ただやってるだけじゃ意味がありません。

結果として出なければ勉強していたって何の意味がありません。

校舎に毎日行って、受講もたくさんしてるけど模試の点数伸びてなければそれは努力しているとは言えません。ただやってるだけです。

親や担任助手にああだこうだ言われてやっている勉強はやらされているだけです。何も考えてないです。

自分には何が足りていないのか、何をしなければいけないのかそういうことを常に考えて下さい。

第一志望校合格から逆算して勉強スケジュールを考えて下さい。

とにかく結果に拘ってください。

2年間多くの生徒を見て来ましたが、それができる人が合格を掴み取っています。

「今」の努力が後々良い結果となって現れるように勉強してほしいです。

 

最後に、たまプラーザ校の生徒の皆さん!

これまでいろいろと話してくれてありがとうございました。

私は校舎を離れてしまいますが、第一志望校合格を掴み取れるよう心から応援しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。