過去問の復習間に合わない問題 (東京大学理科一類) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 8月 31日 過去問の復習間に合わない問題 (東京大学理科一類)

どーもどーもこてつです。合宿免許に行くせいで夏休みがとても短く感じます。皆さん夏休みは有意義に過ごすことができましたか?

自分が受験生のときに困っていたことのひとつとして、復習間に合わなくね??ってやつがあります。皆さんちゃんと復習できていますか?自分は復習ためがちでした(ダメじゃん)

てことで今回は、模試や過去問の復習の仕方について自分の考えを書こうと思います。

 

結論から言うと、そうだけど解けなかった問題を重点的に復習するということを意識してください。言い換えれば、難しすぎる問題に時間をかけすぎないでほしいということです。

いやわかるよ?難しい問題考えるの楽しいし、大した理解もせずに次に進むの怖し。ただ忘れないでほしいのは、できないことをできるようにするのが勉強その積み重ねでしか点数は上がらないということ。時間かけて難しい問題理解した気持ちになったところで、次に類題が出たときに解答を作れないと復習した意味が薄くなってしまいます。自分の点数に直結する問題を復習していくことで最終的に難しい問題が解けそうだけど解けなかった問題になる、かもしれません。

限られた時間の中で最大限のパフォーマンスが出せるように、頭を使って勉強計画を立てて頑張って下さい!!