長時間勉強の極意 (東京大学理科一類) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 8月 8日 長時間勉強の極意 (東京大学理科一類)

どーもどーも、田中彪鉄です。夏休みらしい気候で嫌いになってしまいそうですよね。夏のことは嫌いになっても僕のことは嫌いにならないでください(えっ)

というわけで今回は、僕が長時間勉強するときに考えていたことを3つ紹介します!

 

睡眠時間を削らない

いきなりそれかよ!って声が聞こえてきそうですが続けることにします。睡眠時間を削らないことは、受験勉強において一番大切なことであると言っても過言ではありません。睡眠時間を削ると勉強効率も下がるしメンタルも体調も崩します。一日最低でも6時間は寝るようにしましょう。

メリハリをつける

長時間勉強をするときに陥りやすいポイントのひとつめは、集中力が続かないことです。これを回避するために一日の中でしっかりメリハリをつけましょう。特に勉強する場所と休憩する場所は必ず分けるようにしましょう。休憩ごとに勉強する科目を変えることもおすすめです!

勉強はできるようになったことで測る

時間じゃないじゃん!!という突っ込みは聞き流すことにします。長時間勉強をするときに陥りやすいポイントのふたつめは、机に座って勉強した気になることです。できないことを出来るようにすることが勉強です。いまあなたがしていることは作業になっていないですか?常に自分に問いかけて勉強するようにしましょう。

 

ということで、今日は長時間勉強の極意の話でした。たくさん勉強して誰よりも成長するにしましょう!最後まで読んでいただきありがとうございました!!