10月の全国統一高校生テストへ向けて(早稲田大学4年) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 10月 19日 10月の全国統一高校生テストへ向けて(早稲田大学4年)

こんにちは。

今回ブログを担当する樗木と申します。

宜しくお願い致します。

今回は10月25日に実施される全国統一高校生テストについてお話ししようと思います。

 

まずは東進生に向けたお話です。

受験生はちょうど今、志望校対策に勉強時間の大半を割いている状況だと思います。志望校の出題傾向に合わせた対策を行っているので、学習範囲が偏ってしまっている方が多いのではないでしょうか。

全国統一高校生テストの全学年統一部門は共通テストレベルの問題が出題されます。そのため、二次・私大で使用しないが共通テストでは求められる科目の成績が出るだけでなく、志望校対策で学習範囲を偏らせた結果、最近触れられていない部分が出てきた主要科目についても確認することができます。英語のリスニングや、数学ⅠA・ⅡB、国語の漢字や語彙などは特に二次・私大対策中に十分に触れる時間を確保できないことが多いかもしれませんね。

また、共通テストは基礎的な問題を厳しい制限時間内で解くことが求められます。特に英語の筆記や数学・国語はまだまだ時間に苦しんでいる人が多い印象があります。この機会に本番を想定したペース配分などを自分なりに考えて臨みましょう。

 

低学年、特に高2生にとっても非常に重要な模試になります。今回の模試は東進生以外でも無料で受けられるようになっています。つまり、普段受ける共通テストレベル模試などに比べて、受験者数が多くなると考えられますね。高2生の中には高2生部門ではなく全学年統一部門で受験される方も沢山いらっしゃると思います。東進では受験本番の一年前に実施する同日模試(来年の一月に実施予定)の結果を非常に重視しているので、今後はその模試の目標点を設定して学習を進めていくことになると思います。10月の全国統一模試はその試金石としての役割を持つため、模試の成績が良ければ同日模試に向けて余裕をもって学習を進められる一方で、模試の成績が奮わなければやるべきことや課題が山積みになってしまいます。

11月から1月にかけての勉強内容に大きく影響する模試です。万全の準備をして臨みましょう。

 

そして最後に、東進生ではない皆さん。

今回の模試は無料で受験できます。もしかしたら学校の中間テストに日程が被ってるかもしれませんが、全国統一高校生テストは多くの受験者の中で自分の現在の立ち位置が分かる模試になっております。

実際に成績を数字で見ると、自分の出来ていることと出来ていないことが一目瞭然になります。勉強をやろうというモチベーションも湧き出てくるでしょう。

是非、勉強の習慣化のきっかけにするために、全国統一高校生テストを受験してみましょう!

 

今回のブログは以上になります。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。