4月センター試験本番レベル模試の重要性(明治大学) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2019年 4月 3日 4月センター試験本番レベル模試の重要性(明治大学)

今年も桜の季節がやってきましたね!!

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は花粉に苦しめられています。。。

前置きが長くなってしまいました。さて、本題に入りましょう。

高1.2生と高3生の4月模試の捉え方は大きく変わってくると思います。

高3生は6月模試で第一志望校のAライン突破を前提として考えると、4月模試は6月模試(仮想本番)の最後の準備段階だと思います。

6月模試で取らなければならない得点から逆算して、4月模試の目標点数を決めてほしいと思います。

センター過去問演習をどんどん進めていきましょう!!!!!!!!!

高1.2生は受講の理解度を確認するツールとして有効活用してほしいです!!

また、模試受験後には担任助手との受験後面談があります。そこで自分ができなかった分野をもう一度見直しましょう。

一度理解したのに解けなかったのか、凡ミスだったのか、まだ未習の範囲なのか。。

このように担任助手と一緒に細かく分析して、次の模試で同じミスを繰り返さないように復習しましょう!!!