4月模試に向けて(横浜国立大学) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2019年 4月 5日 4月模試に向けて(横浜国立大学)

こんにちは?
ついに大学に入学してから一年経ってしまった川上寛樹です。(一年前がなつかしい…)

 

それはさておき、本日は新年度最初のそして平成最後の四月センター模試について少し伝えさせて頂きたいと思います。

ただ私があれこれと伝える前に…皆さんは四月模試に向けて今どんな事を頑張っていますか?

 

人によっては、センター対策を赤本や参考書で進めているかとは思いますが、

多くの人は受講や高マスなどを一生懸命頑張っているかと思います。

このような事をみなさんに考えてもらうと、センター対策をしなくてはと思う人もいるかもしれませんが、今の時点では高3生でもあまりその必要は無いかと私は思います。

それはセンター対策よりも、より重要な事があるからです。(現時点においては)

 

その重要な事とは基礎の徹底だと考えております。

そして基礎の徹底という事で例を挙げるとすれば、

・高マス完全習得後も高マスのプリントで書いて復習する。(プリントの事をよく知らない人はぜひ一度スタッフに聞いてみて下さい。)

・毎授業の復習を受講直後だけでなく、一定の期間内に何度も行う

などが挙げられますね!

誰でも頭では分かっていたり、一度は耳にしたりした事だとは思います。

ただ、それが絶対の自信を持って今出来ているかと言われればそうでは無い事が多いのではないでしょうか?

不安な部分が多い人は模試前に少しまとまった時間を作るなどして復習に力を入れてみて下さい。

 

質の良い学習を続けていれば、当然結果は出やすくなることが言えます‼️逆に量はこなしていても、あまり身になっていなければ結果は出づらいと思います…

 

模試において大切なのは結果そのものではなく、培ってきた事がいかにアウトプット出来るかです。

今の時期は新高3でもセンター模試の得点よりも、どれだけ今学んでいる基礎事項の定着度を高められるかにこだわるべきです!

応援しています??