8月模試の振り返り(東京経済大学 経営学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 8月 24日 8月模試の振り返り(東京経済大学 経営学部)

こんにちは!担任助手1年の別所です。

今回のテーマは、8月の模試の振り返りについてです。

 

ご存知かもしれませんが、8月の模試は仮想本番と言われるほどに今後の受験勉強や受験において重要なものになっています。6月模試での課題、そして夏休みを通して成長した自分が出した結果が反映されます。

もちろん結果がよかった人も、結果が振るわなかった人もいると思います。だからこそ、この模試を復習してこれからに活かしていくべきです

 

まず、自分の答案と解答を振り返り、自分が前回と比較してできた部分、できなかった部分を比較して、自分の課題を分析することが大事です。模試が終わったら分析して、これからどうするかの内容を出し、それに合わせて学習していくことをルーティーンにしてください。

模試の振り返りをいつしたらいいか、と考えている人は模試を受けた当日、遅くて翌日にするのがベストだと思います。自分の結果をすぐ知りたくないと考えているかもしれません(自分もそう考えていました)。しかし、受けた当日ならば問題の感覚を覚えており、どんな考えでこの答えにしたのか、その道筋まで分かりやすく記憶に残っています。それをもとにすれば、復習も効率よく行えます。

模試は自分の結果を出すために重要な場所であることは変わりはありません。しかし、それはあくまで今後の自分の通過点であり、模試をやったということよりも、模試の結果がこうだったからこれを実行しよう、そのことを考えるべきです。今後も模試がありますが、このことを考えていくことを大事にしてください。