トップリーダーに参加しよう!(東京農工大学農学部) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2021年 7月 18日 トップリーダーに参加しよう!(東京農工大学農学部)

おはようございます。こんにちは。こんばんは。おやすみなさい。東京農工大学農学部地域生態システム学科2年の佐藤勇輔です。もう大学2年生の1学期が終わろうとしていると思うと、時間が過ぎるのが年々早くなることに改めて驚きを感じています。振り返れば高校生活もあっという間だったなあと思います。高校生でしかできないことはたくさんあります。高校生活を謳歌してくださいね!

さて今回はトップリーダーと学ぶワークショップについてお話しようと思います。高2・1の方は必見ですよ!トップリーダーと学ぶワークショップとはその道の一流の方の講演会とワークショップがセットになっている月ごとに行われている特別授業です。普段なかなか出会えない世界が注目する研究者やビジネス界のトップリーダーなど世界の第一線で活躍されている方のお話を聞くことができます。これの参加する意義は何でしょうか?答えはそれぞれだと思いますが、私の考えを紹介しようと思います。

 

①自分の夢を見つけることができる

皆さんに夢ってありますか?大学へ進学するということはひとつの専門分野を深く学ぶことになることが多いです。だからこそ受験する前に自分はどの分野を学びたくて、だからこの大学を目指すということが必要です。それの手助けとなるものがトップリーダーと学ぶワークショップです!自分の好きなものはなんだろうか、自分の興味があるものはなんだろうか、自分の学びたいことはなんだろうか、トップリーダーの話を聞いて見つかるかもしれません!

 

②様々な分野を知ることができる

専門的な話を聞くことで自分の知識の幅が広がります。知識の幅が広がることで新しい価値観や考え方を知ることができ、自分の世界が広がります。世界が広がることで見えていなかったものが見えてきたりします。これが何の役に立つかはわかりません。しかしこのようなものは必ず生きてきます。「関係ないと思っていたことがヒントになっていた」ということは研究などにおいて多くあります。例えば、野生動物の保全を研究したいとなったら、生物学・生態学はもちろん地域の協力も必要なので社会学・哲学についても学ぶ必要があります(詳しく聞きたい方は佐藤まで)。このように様々な分野を学ぶことは非常に重要なことです。これはトップリーダーと学ぶワークショップでできます!

 

いかがでしたか?これで参加してみようかなと思った方は今月から参加しましょう!長くはなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!