模試に向けて!(東京農工大学農学部) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 11月 8日 模試に向けて!(東京農工大学農学部)

おはようございます。こんにちは。こんばんは。おやすみなさい。東京農工大学農学部地域生態システム学科3年の佐藤勇輔です。

最近急に寒くなりましたね。秋がなかった感覚がするので悲しいです、、

さて、今回は11月6日にある全国統一高校生テストに向けてお話しようと思います!

・受験生

共通テスト本番まで3カ月を切りました。もう数少ない共通テスト模試です。模試の活用の仕方は皆さん理解していると思います。ここからは結果の出し方を考えましょう!試験1週間前・試験当日の過ごし方をどうするのか、何を勉強するのか、結果を出すために考えましょう!もちろん受けた後の復習も大事なので点数が取れなくても落ち込んでいる暇はありませんよ。

・高2生

東進では12月に学年が切り替わるので、皆さんはほぼ受験生です。受験生の取るべき点数の8割は取りたいですね。そして受験生同様に共通テスト同日体験受験まであと3カ月を切りました。この共通テスト同日体験受験がどれほど重要か知っていますか??ここでボーダーを超えるか否かで合格率が全然違います。データもあるので気になる方は声をかけてくれたらデータをお見せしますよ。それに向けてひとつの指針として11月の全統を受け、振り返りをしてください!

・高1生高0生

模試を受ける上で大切なことは何だと思いますか??それは模試を受けたあと、どうするかです。模試を通じてできたこと・できなかったことを分析し、できなかったところをどうやってできるようにするのか考えましょう!さらにより効果的に模試を受けるには、受験前に目標・テーマを決めましょう!例えば英語だったら読めたところは確実に点を取るなどです。目標・テーマを意識しながら受験することで振り返る際にどうしてできたのか、あるいはできなかったのかをより深く考えることができます。

以上です。このようなことを意識して、模試に臨んで下さいね。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!