睡眠時間は短い方が良い? (慶応義塾大学経済学部) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 11月 4日 睡眠時間は短い方が良い? (慶応義塾大学経済学部)

おはようございます、こんにちは、こんばんは!田部井です (o^―^o)

ここ一週間くらい、急に12月並みの気温になって、とてもさむいですが、皆さん体調は大丈夫でしょうか??

私は最近、マネージャーとしてフェンシング部に入部しました!新しいことが始まるときは、大きなワクワクと小さな不安で頭がいっぱいになりますね。皆さんは、大学で入りたい部活動やサークルはありますか?大学では、高校と比べ、比にならないくらい数多くのサークルや部活が存在しています。モチベを維持する一つの方法として、入りたいものを探すのもいいですね。

さて、今回は、睡眠時間についてお話します。みなさんは、普段何時間くらい睡眠に費やしていますか?受験生の人は、睡眠を削って勉強している偉い人もいるのではないしょうか。

しかし、今まで一般的に高校生がとるべきとされる睡眠時間【8時間】をとっていた人が、睡眠時間を削ると、悪循環が発生します。というのも、睡眠を削ると、睡眠不足から日中は眠くなり、だるくなり、勉強に集中できません。そして、集中力が欠けてやりたいことが終わらず、夜中までだらだらと勉強を続けることになります。その結果、また睡眠時間が短くなります。

 

ここでいう睡眠不足になる人は、もともと睡眠時間をとらなければいけない体質の人です。それぞれ必要な睡眠時間は異なります。なので、みなさんが絶対に8時間睡眠をとる必要はありません。しかし、極めて短い睡眠時間は、体にも負担がかかり、メンタルも不安定になりやすいので、気を付けましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました