英語を英語で解釈する方法(慶應義塾大学 法学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 5月 23日 英語を英語で解釈する方法(慶應義塾大学 法学部)

こんにちは!1年の花田です!

突然ですが、皆さんは英語を早く読む方法を知っていますか?それは英語を英語のまま解釈することです。

早慶上智などの難関私立大学や難関国公立大学ではこの力が必要とされます。どういうことか分からない人の為に簡単に説明します。例えばHelloと言われたらら多くの人が頭の中で「こんにちは」と訳さずそのままHelloと言う意味で受け取ると思います。

このように英語→日本語で読んでいくのではなく英語→英語で読めるようになるとリーディングスピードが劇的に向上すると思います。しかし、これはどのようにして出来るようになるのでしょうか。それは音読することです。というのも自分が声に出して読んでいるスピードで解釈しないといけないので、必然的に英語の語順で読むことを要求されるからです。

ですが、今日音読をはじめたら明日に英語を英語で解釈できるようになるわけではありません。継続することが大事です。授業や参考書で解いた長文を何回も繰り返し音読しましょう。大体1つの長文を10回音読することをオススメします。夏までに英語を得意科目にして自分の武器にしましょう!!!!!