1日1日を大切に!(明治大学 情報コミュニケーション学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2019年 8月 12日 1日1日を大切に!(明治大学 情報コミュニケーション学部)

皆さんおはよう!こんにちは!こんばんわ!

佐々木瑛雅です!今回は夏休みの過ごし方について説明して行きたいと思います!

 

受験生にとって夏休みは1年通して1番勉強できる期間です。しかしむしろ、というよりだからこそ中だるみを起こしやすい時期でもあります。

今回はそんな夏休みの効率的な過ごし方に注目して話を進めていきます

 

まず、計画を立てましょう!毎日毎日同じメニューというのも飽きが来てしまうので僕は1週間単位の計画表オススメします!また、参考書や受講のノルマで予定を立てるより、時間で決めることをオススメします!まず1日に勉強する時間をきめ、その時間内に自分がやるべきだと思うことを埋めていきましょう

そして自分が夏休みでどれだけ勉強出来るかを時間×日数で計算してください。全然足りないんですよ! 計画をたてなければ夏休みは長く感じますが、実際計算してみると一日一日を無駄にできないことがわかると思います

一日一日大切に過ごしましょう!

 

次に模試についてです

夏休みは模試が沢山あります

確かに夏休みに学んだことを実践で確認しつつ前に進んでいくのは大事なのですが、受け過ぎないように注意しましょう!模試大切なのは復習です。しっかりと復習する時間を確保できるペースでなければ解きっぱなし、やりっぱなしとなって効果が低いです

やたらと模試を受けるのではなく、自分の計画と相談しながら選択的に受けていきましょう!

 

最後に学力の伸びについて。

当然伸びには個人差があります。夏休みにすぐ学力が伸びる人もいれば9月や10月に伸びてくる人もいます

僕がここで伝えたいのは夏休みにする努力は必ず自分に返ってくるということです

夏休みの模試の結果をみて、友達は伸びてるのに自分が伸びてないから、自分のやり方は間違ってるんだ!と考えるのは絶対に辞めてください

自分が立てた計画や、自分が過去に正しいと思った行動を信じて、必ずやり遂げて下さい

人に言われることよりも、自分が正しいと思う行動をする方が絶対に後悔もないし、自分のためにもなります

夏休みは自分との戦い、ぜひ頑張り抜いてください!