ブログ | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ 2021年04月の記事一覧

2021年 4月 30日 最後っ!(東京都立大学 人文社会学部)

こんにちは、丸山です!

今回が私の担当する最後のブログなので、皆さんにメッセージを書きました!

 

まず、一番伝えたいこと。。

これから受験をむかえる皆さんには、ギリギリまで諦めないで欲しいです。

模試の結果がふるわなかったり、周りの人と比べてしまったり、受験当日になるまで不安になることがたくさんあります。

特に、受験が近づいてくると、不安や焦りが大きくなってみんな目標を下げてしまいがちです。

でも、そんなときは、自分がどこを目指してここまで頑張ってきたのか、その大学に進学したら何をしたいのか、もういちど考えてみて下さい。

気持ちが揺らいだ時ほど、目標を達成した自分をなるべく詳しく想像することが大切です!!

実は「思い込み」にはすごい力があります。

「こうなりたい、こうなってやる。」を鮮明に思い浮かべられる人ほど目標を達成できているような気がします。

私も、受験生のとき合格がほぼ出ていない状態で第二志望の学校を受ける時、「絶対に受かる!もう一回ここに来る!」と思って試験に臨んだら、過去最高に集中できて合格することができました(^^)

おなじ考え事をするなら、ぜっったいに前向きなことを考えた方が良いです!!!!

しんどい時は自分で自分のモチベーションを上げていきましょう☆

目標はギリギリまで下げない!で頑張ってください。

 

ここで、不安になった時の対処法を一つ紹介します。

不安になったとき、焦ったとき、大切なのは、

「今、焦っているな。多分こういう理由で焦っているんだろうな。」と焦っている自分を認めて、客観的に考えることかなと思っています。

無理に感情を抑えようとせずに、不安な自分を認めた上で、できることからやっていきましょう(^^)

あとは、友達や先生、家族に頼るのも大切です。

話すと不安は消えやすいですよ~!

 

たまプラーザ校のみなさんが合格できることを祈っています(^^)

 

 

2021年 4月 29日 東進生として(東京経済大学 経営学部)

こんにちは。別所です。

今日でブログに出てくるのはこれで最後になりました。個人として東進で頑張る人に伝えたいこと伝えます。

 

東進での受講、高マス、普段から頑張ってくれていると思います。しかし、それだけでは足りません。自習や過去問演習を受験生は特にやると思います。それらを東進で行える環境はあります。積極的に活用していくことが大事です。担任助手や担任も利用するつもりで悩みを相談したり学習の相談をどんどんしちゃってください。

大学生になってやることをやるためには今の受験生としての経験も活かせる場になります。高校生のときの活動も今は問われたりすることがあるためそれも大切ですが(低学年は今後の高校生活で積極的な活動をしてほしい)、何かにのめりこんでやる力も微々たる影響ですが必要です。

受験まだ先だと思わないでください。共通本番まで9カ月ないし半年たったら受ける大学の過去問は既にやっている状態ですよ。今後、模試の成績などがより響くと思います。精神的に来るものもあるかもしれません。こらえなさいという精神論は言いません。結果にドライに向き合ってください。いついかなるときも自分の最善を引き出すために何を実践するのかそれをひたむきにやるようしてください。へこんでも点数はのびません。現実から目を背けないことです。

 

その積み重ねが大学の入学の資格を得ます。全国の受験生、そして自分との闘いに勝ち志望校合格という栄光をつかんでください。合格を楽しみにしています。

 

 

2021年 4月 28日 ラストブログ(青山学院大学 経営学部)

こんにちは!2年の石渡です。

今日は最後のブログです、、!

最後に、何を伝えられるかなと考えた時、、私が今一番大切にしていることを共有できたらなと思ったので、勝手にですがそれについて話していきますね!笑

 

私が今一番大切にしていることは、、簡単に言うと積極性です。

 

すごく、個人的な話になりますが、私は高校生の時引っ込み思案であまり友好的でもありませんでした。

新しいことに挑戦する気も自ら新しいことを求めることもあまりしなかった記憶があります。

こんな感じのJKだったので、なんというか、、あまり得をしたことはなかったです笑笑

 

もちろん、その性格が悪いとかでは全くありませんが、今思うと、もっと外交的な性格だったらなんか良い情報(?)を得られたり、少なくとももう少し上手に息抜きして気分転換して、受験生活をポジティブにとらえられたかな、、なんて思ったりします笑

 

何が言いたいかというと、高校生のうちは限度があると思いますが、

何かに少しでも興味を持ったら、まず説明会に参加したり、体験したり、勧められた勉強方法を試してみたりして積極的に行動してみて下さい、、!!

きっと新しい良い発見があるはずです!!

 

 

私は大学生になり、「フッ軽になって、いいと思ったら積極的に行動すること」を心がけるようになってから物事が良い方へと回っていった気がしています。新しいことを受け入れ、自らも求めていくことがポイントです、、!

 

私の考えを勝手に共有しましたが、少しでもみなさんのこれからの参考になれば幸いです。

 

一年という短い間ではありましたが、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

また、街とか、、なんらかの機会でお会いできたときには宜しくお願い致します!!

2021年 4月 27日 最後に(上智大学理工学部)

どうも、こんにちは。2年の中井です。

タイトルを見れば大体はお察し頂けると思うので、読んで「意味」のあることを書こうと努力してみます。

 

1.東進生であること

このようなブログを読んでくれているということは、あなたはきっと東進生なのでしょう。しかし、みなさん・またはご家族の方が、(多くの場合)何の対価も払わずにあなたが東進生でいられるわけではないでしょう。

今回僕から言いたいのは、ありふれた「東進生なんだから~(例:受講・マスター)しよう」などではありません。

「東進生なんだから、東進を使い倒してやろう」

これくらいの気概がほしいですね。

「東進生であること」を、東進に所属していると考えるのは古い(?)です。東進を下に見るくらいでちょうどいい気すらします。

これは、東進に「やらされる」のではなく、東進から「得られるものすべてを得よう」ということです。

新しい講座の体験?いつでも大歓迎です。

相談したいことがある?悩まずにいつでも話しかけましょう。きっと乗ってくれるはずです。

 

2.謙虚でいること

個人的には、ネガティブであることと少し近いような気もします。

確実な実力をつけることはそう簡単ではありません。模試の成績が良くて、「このままいけば受かりそうだな。」この考えは少し危ないです。

圧倒的な力をつけ確実に受かる。難しいことではありますが、これがココロにやさしい受験ですね。(※やさしくは、ない)

そのためには、このくらいで・・で良いわけないですよね????

「これだけできたけど、まだなにか出来ることがあるはずだ」というマインドで行くのをお勧めします。

ただ考え方に関しては、合う合わないがあると思うので参考程度に。

 

最後にはなりますが、

1年間ありがとうございました。また何かのご縁があれば、その時はよろしくお願いします。

中井ってだれだよ、と思った方はHPの担任助手の紹介ページをご覧ください。と書きつつ確認したら新しくなっていたのでいませんね。残念

 

もう会うことはないかもしれませんが、爪痕は残したいので一言いわせてください。

東進、擬人化したら多分6頭身

 

 

 

 

 

 

 

2021年 4月 26日 学部紹介!!(東京都立大学 人文社会学部)

こんにちは、担任助手の丸山です!

今日は、私の通っている東京都立大学の人文社会学部の紹介をします!

東京都立大学の人文社会学部の特徴は、専攻を決めるのが2年生ということです。

多くの大学は、1年生のうちから「教育学部」、「社会学部」のように細かい専攻が決まっています。

つまり、受験する時点で何を4年間勉強するか、を決めるという場合が多い、ということです。

でも、やりたいことが決まっていない、という人もいますよね。

 

東京都立大学の人文社会学部では、1年生の間は全員、専門性のあまり高くない教養科目を勉強します。

1年間色々な分野の入門を勉強して、2年生に上がる際に残りの3年間、専門的に学ぶ分野を決めることができます!

これは「将来やりたいことが定まっていないという人には本当におすすめです!!

 

私自身、今は心理学専攻ですが、1年生の時は、教育学系の授業も、人類学系の授業も受講しました。

他学部の旅行産業の授業も面白かったです(^^)

 

色々な大学、学部があるので、広い視点でたくさんの大学を調べてみて下さいね★