ブログ | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 - Part 2 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ 2020年07月の記事一覧

2020年 7月 25日 部活と勉強の両立(東京都立大学 人文社会学部)

こんにちは!

最近制服を着た中高生を見かけるようになって、高校生に戻りたいなあなんて思っている丸山です。

学校も始まり、高校1,2年生の皆さんは徐々に部活が再開されているのでしょうか。

今日は部活と勉強の両立についてお話します!

部活と勉強を両立しようとよく言われますが、なかなか難しいですよね。

私も毎日練習があったので大変さは良く分かります。

朝練をしたら授業中に眠くなるし、部活が終わって帰ったらもう夜で、ご飯を食べてお風呂に入ったら時間がない!!

なんてことが日常茶飯事でした…。

そんな私が高校時代勉強と部活を両立するために意識していた事は

通学時間をフル活用する

テスト期間を有効に使う

です!

1つ目は皆さんも意識している事だとは思いますが、特に電車やバスを使う人は今までより気合を入れて通学時間に勉強をしてみてください!

部活で疲れていると寝てしまいたくなると思いますがそこは我慢です!毎日の数十分でも積み重ねれば相当な勉強量になります。

私は通学の電車とバス毎日20分ほどでしたが、英単語と古文単語は通学時間でかなり暗記する事ができました!

東進生の皆さんは是非高速基礎マスターを活用してください!

2つ目は、部活が忙しい人にはとても大切な事だと思います。

ほとんどの部活が休みになるテスト期間は、まとまって勉強をできるチャンスです!

普段忙しいとテストオフに休みたくなってしまう人も多いようですが、もったいない!です。

自習だとしても校舎に来て夜まで集中して勉強するのをおすすめします!

テスト期間に頑張って覚えた事って意外と受験まで覚えていたりするものですよ!

部活が大変な皆さん、大変だとは思いますが限られた時間を上手に使って志望校合格に近づきましょう!

以上、丸山でした!

2020年 7月 24日 東進に入った理由(東京経済大学 経営学部)

こんにちは。担任助手の別所です。

今回は私が東進に入った理由を紹介します。

 

高校1年の夏の終わりぐらいに、私は東進に入りました。優秀な講師の映像授業を見て本格的に受験勉強を始めていこうと思ったからです。きめ細かく分かりやすく、本気で取り組めるものでした。私は今井先生のD組を体験受講しましたが、それがとても分かりやすかったです。それでより東進で勉強したいという意欲が湧きました。

また、自分のペースで学習を進めることができ、比較的自由があったのも選んだ理由です。学校等が忙しかったわけでもないですが、急な用事が入ることもあったため、自分で決まった時間にできることは東進に入りたいと思う理由の1つでした。

私が東進に入った理由としては以上のものです。ただ、受験勉強のモチベーションを持ち続けることは簡単ではなかったです。自分が取得した講座、高速基礎マスター等、限られた時間で進めていくのは今の在校生も難しいと思います。生徒には、東進で頑張ることを決めるのはよいことですが、それをしっかり続けていくことも合わせて考えてほしいと思います。

自分は、上手くいかなかった方の人なので、これを見ている人には上手くいてほしいです。

2020年 7月 23日 夏休み中の計画について(明治大学 商学部)

皆さんこんにちは !!            大1の鈴木です。

最近課題などに追われて夜更かしが増えてきているここ最近です…(皆さんも気をつけましょう!)

さて、いよいよ夏休みが迫ってきていて皆さん勉強にもブーストがかかってきている頃だと思います。

でも、実際1日勉強するとなると何をしたら良いか分からなくなる人もいると思います。そこで、今回は夏休み(夏休みだけとは限りませんが)の勉強の計画について書きたいと思います。

まず皆さんは、1日の勉強を始める際には何が必要だと思いますか??

私は… 1日の計画をしっかりと立てることだと思います!!

「え、なに言ってるの? 当たり前じゃん(笑)」と思う人もいると思いますが改めてここに書く程重要なことと捉えて下さい!!

計画と言っても種類があります。 1日の計画と1週間の計画です

まずは、1日の計画です。1日の計画を紙に書いてしっかりと自分の見えるところ(机に貼るなど)の置くことをオススメします。時間というのは思った以上に早く過ぎるものです。 しっかりと時間ごとに区切って計画を立てて、ずれたなと思ったらその場で修正をしていきましょう!!

1週間の計画では、おもにどの受講をやるか、また、どの参考書をどのくらいやるかを書くといいと思います。

そうすると、自分がやらなければいけない受講や内容が可視化されるのでそれを見直すことで自分がやることを整理することができます。

また、特に受験生の人は自分が受験に使う科目をしっかり確認しバランスよく勉強していきましょう!(特に漢文を使う人は注意が必要かも…{自分の経験上}

しっかり計画を立てることは、より良い夏休みの勉強に繋がってくると思います。

計画的に勉強してこれからもがんばっていきましょう!!

2020年 7月 22日 大学の選び方(横浜国立大学理工学部)

こんにちは!大学3年生の関田です!

今回話す内容は大学の選び方についてです!!

大学や学部を決めるのはそんなに簡単な事ではないと思うし、人それぞれだと思います。

なので、こういう決め方があるよという感じで聞いてください。

まず、自分のやりたい事から大学を決めるやり方です!

自分が将来やりたい事が決まっている人は、それを学べる大学や学部を探して決めると良いと思います。

しかし、やりたいことが決まっていない人が大半だと思います。

そういった人は、自分の趣味や好きな科目から学部を決めるやり方がおススメです!

自分は今、大学で化学を専門的に学んでいるのですが、化学科に決めた理由としては高校のときに化学が好きだったというだけで決めました。

それを今となって自分の好きな学問を学べて、良い選択だったと思います。

大学では自分の学びたい事を学んでいくところなので、まったく興味のない事を学んでも4年間の無駄遣いになってしまいます。

なので、まず自分の好きな事から派生する仕事などを考えて、その仕事につくにはどのようなことを大学で学べばよいかを調べ、その分野を学ぶにはどの大学が良いかを考えるのが良いと思います。

ぜひ、大学や学部選びに困っている人は参考にしてみてください。

2020年 7月 21日 私が東進に入学した理由(早稲田大学政治経済学部)

こんにちは。

今回のブログを担当する樗木と申します。

宜しくお願い致します。

 

今回のブログでは、私が東進に入学した理由についてお話しできればと思っております。

 

私は高校1年生の夏休みに夏期特別招待講習を経て入学しました。

当時の私は英語の個人塾に通っていたので、英語に関しては勉強する時間をとれていました。しかし、部活動を理由に他の科目に対して十分な勉強時間を確保できておらず、その結果、学校の成績も順調に下がっていました。

また、通っていた高校が進学校だったこともあり、周りの友人の多くは既に大学受験を見据えた予備校に通っていたので、大学受験をそろそろ見据えていくべきだと考えていました。

そして、やらなければいけないと考えつつも、実際に何をすればよいのか分からない現状を変えるべく、親が薦めてきた東進の招待講習に申し込みました。

 

招待講習では映像授業が初体験だったこともあり、最初は戸惑いましたが、徐々に慣れてくると、自分の都合に合わせて学習スケジュールを決められる東進のカリキュラムに魅力を感じるようになりました。

カリキュラムだけでなく、当時の校舎長から積極的に声をかけて頂いたことも入学の一因になりました。入学を決めたときのモチベーションは高かったけれど、部活動などで忙しくなった時に続けていけるのかが少し不安だったので、一緒に頑張ろうと励ましの言葉を頂けたのは心強く感じました。

 

入学してから卒業するまでの間、約3年間東進でお世話になりましたが、第三者として自分の学習のコーチングをしてくれる担任助手は常にありがたい存在でした。

 

予備校選びで迷っている方は、是非実際に足を運んで雰囲気を体感して、自分が勉強を頑張れると思えるような環境を見つけてみることをお勧めいたします。

 

今回のブログはここまでとなります。読んでいただき、ありがとうございました。